森のようちえん 葉山 「もりのわ」

知れば知るほどに  〜もりのわだよりから〜

もりのわだより78号(2018年11月号)、デジタルでもアップしてみます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(このは・つちぐみ木曜日、遠足)

横須賀自然・人文博物館の特別展「探検!スズメバチと身近な昆虫の世界」に向かう車中、Sくん(5歳)が「Iちゃん(私)はなんで虫が好きなの?」と
きいてきました。
余談ですが、自然観察会のガイド(横浜の田んぼ里山公園)をしていても、
参加者の方から、「Iさんがとても虫が好きなのがわかりました」と
度々言われます。
Sくんに、「Iちゃんは、虫が好きだし、鳥も好きだし、植物も好きだし、
石ころも風も好きなんだ〜」「林道が好きなんだよ」と応えました。
私は特別に虫が好き!!!というわけでもないのです。
e0256851_02481709.jpg
ただただ毎日、林道(森)に行き、そこで出会った生きものたちの姿、
生き様(いきよう)を垣間見、食う食われるの世界でもある中で、
この一日を生きている生き物(万物)と出会い、その理(ことわり)を
知ってゆけば知ってゆくほど、自分とその生き物とのみえない糸を感じ、
なんとも愛しく感じるのです。
一緒に生きているよろこび、といいましょうか。(ちと大げさ)
e0256851_03094642.jpg

Sくんに聞かれたことに応えながら、人も同じだなあと思っていました。
人もいろいろ、考えも、なにも。
いいわるいではないけれど、いろんな面をもっている。
その人を知れば知るほど、そしてここが大事だと思うのだけど、
"関われば、関わるほど"、愛しさを感じてゆくのですね。
自身と他者を分かつことのない思いは、
知ることと関わり合うことで育まれてゆきます。


車中、こんどはKKくん(6歳)が、
「卒園した畑にジュズがあった(出てきていた)」話をはじめました。
(卒園=今年度解約した木古庭市民農園のもりのわ畑のこと)
博物館に行く前に、卒園畑に寄ることにしました。
あったねジュズ♪(ジュズとりして)、ジャガイモ!と掘って、お昼に焼いて
若干(未成熟のため)シャリシャリのジャガイモを食べました。

こんなふうに臨機応変に
子どもの気持ちに向き合えるのんびりとした時間があること、
よかったなあと思いました。
e0256851_03031007.jpg
e0256851_03052849.jpg
博物館の特別展は、日頃みてきた生きものをじっくりとみることもでき、
展示してある虫たちを、"物"をみるのではなく森とつながって、
生き様(いきざま)として知っていること。
子どもたちとその生きものとの思い出を話しながら在れること。
そんなもりのわの日々を想い、
こういったことを大事に、うれしく思った一日でした。


[PR]



# by morinowa | 2018-11-09 19:40 | もりのわ日記 | Comments(0)

もりのわ的絵本考

facebookページに先日投稿したものですが、
こちらにもアップします。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
e0256851_18305229.jpg

もりのわ絵本古書店お気に入りの絵本作家紹介

複数本を出している絵本作家のなかで、
もりのわがお気に入りの作家をご紹介します。
(ほぼその作家の絵本を読んだ上でのものです)

1.マリー・ホール・エッツ
「わたしとあそんで」「もりのなか」「ペニーさん」など。
自然への優しいまなざし。
どの絵本を読んでも、読後感がほんわかとしています。
短いお話のなかで、大切なことがぎゅっと詰まっているような
作家の想いが伝わります。

2.ドン・フリーマン
「くまのコールテンくん」「ターちゃんとペリカン」など。
お話の最後で、ギュっと胸が熱くなるような感動。
これぞ絵本の醍醐味。
ああ、いいお話だったな、そんな気持ちにさせてくれます。

3.アリス・プロベンセン(プロベンセン夫妻)
「かえでがおか農場」シリーズなど。
絵が美しいというのは、絵本の大切な要素です。
子どもたちには絵の美しさをしっかり伝えたいと思います。
プロヴェンセン夫妻のお話は動物がたくさん出てきて、
人と動物のかかわり、愛情が伝わってきます。

4.ドロシー・マリノ
なんといっても「くんちゃん」シリーズ。
くま好き、もりのわです。
子どものくまのくんちゃんと、
お母さんお父さんくまの愛情たっぷりのお話。
子どもたちに、こんなほんわかとした想いを伝えたいですね。

5.バーバラ・マクリントック

「ないしょのおともだち」「どろんこのおともだち」など。
長く知られる海外の作家がやはりお気に入りのなかで、
比較的近年の絵本作家ではないかと思います。
本屋さんにも必ずあります。
この絵本に出会ったとき、感動しました。

6.リダ・フォシェ、フェードル・ロジャンコフスキー
「かわせみのマルタン」「野うさぎのフルー」など。
とにかく美しい絵。生きものへの賛歌。
生きものたち姿を活き活きと描き、へんな擬人化をしない。
そういった姿勢が大好きです。

7.ウィリアム・スタイグ
「ねずみとくじら」「ピッツアぼうや」など。
もりのわでは、「ねずみとくじら」一押しです。
ユーモア溢れるスタイグの絵本ですが、怪物なども登場するお話では、
いつも怪物側(どちらかというと嫌われ者や弱者)に立っているという
作者の社会性も感じられるところが好きです。

8.ロバート・マックロスキー
「かもさんおとおり」「すばらしいとき」「海べのあさ」など。
美しい絵と、「すばらしいとき」などにみられる壮大なスケールで
描かれるお話が素晴らしいと思います。

9.アスリッド・リンドグレーン
「ロッタちゃんとじてんしゃ」「赤い目のドラゴン」など。
ピッピシリーズなど全作読んでいるわけではないのですが...
天真爛漫なロッタちゃんが大好きです。
「赤い目のドラゴン」の読後感もじわーっとして好きです。

10.レイモンド・ブリッグス
「ゆきだるま」「風の吹くとき」など。
絵だけでみる絵本のなかでは特出していいなと思います。
他にはピーター・スピアの「雨」が好きです。
「風の吹くとき」は、私が思う、いちばん怖ろしい絵本です。
ですが、伝えたいことをしっかり描く作者の姿に感銘します。

日本絵本作家は、
甲斐信枝さん。
「雑草のくらし」「たんぽぽ」など。
個人的にもコレクションしています。全冊欲しいです。

良い絵本、物語に出会うとなんとも幸せな気持ちになります。
そんな絵本を子どもたちと読みたいですね。
絵本えらびは、とても大事だと、
もりのわをはじめてしみじみ思っています。

もりのわ古書店では上記の本、もちろん取り扱います。
でも品を揃えるのはむずかしい〜。
もりのわっこ優先なのでごめんなさい。


[PR]



# by morinowa | 2018-11-03 18:31 | もりのわ絵本古書店 | Comments(0)

もりのわ見学会を行います(10月17日)

11月1日追記:
現在体験見学会は、随時個別に受け入れています。
お問い合わせください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



森のようちえん葉山「もりのわ」
見学会のお知らせ

〜 一緒にお散歩しませんか 〜

森のようちえん葉山「もりのわ」は、
保育者と親の共同による園舎を持たない野外保育のコミュニティです。
お子さんのかけがえのない時間を森の中でみんなですごしてゆきませんか?

秋に体験見学会を公に公募するのは、はじめての試みです。
受付を開始しますので、ご希望の方はお申し込みください。

体験見学会,入園ともに、
3才以降(4,5才)も在園のご意志のある方が対象となります

e0256851_19474938.jpg

日にち:10月17日(水)
(雨天予備日:19日(金))

場所:森戸川林道(大山林道)

時間:9:30〜13:30

持ち物:お弁当、おてふき、水筒、着替え、タオル

参加費:1000円

(詳細は申し込み後にご連絡させて頂きます♪)

<参加申込>hayama.morinowa@gmail.com


[PR]



# by morinowa | 2018-09-24 20:24 | お知らせ | Comments(0)

2019入園案内

2018現在の入園案内についてお知らせします。

もりのわ2018-19年度 入園について

2才のお誕生日を迎えたお子さんから、随時入園を受け入れております。
もりのわでは、来年度4月1日付けの一斉の入園は募集しておりません。
(お子さんの成長の具合と、もりのわ在園児の状況によって、
入園時期をご相談して決めています)

現時点で、

来小さいししずくぐみ(現小小しずく)/若干名募集(2名)
来しずく(現小さいしずくぐみ2才クラス)/若干名募集(1名)
来このは(現しずくぐみ3才クラス)/若干名募集(1名)
来つち(現このはぐみ4才クラス)/若干名募集(2〜3名)

2〜5才までの各クラス、若干名の募集受付を行いたいと思います。
上記募集の人数は、現在園児全体の人数によっての目安です。
(この通りに限りません。
その時々によって状況が変わりますので、お問い合わせください)
もりのわでは、小さいしずく、しずくぐみからの入園をおすすめします。

また、10月17日(水)に、もりのわ見学会を行います。
秋に体験見学会を公に公募するのは、はじめての試みです。
受付を開始しますので、ご希望の方はお申し込みください。


(お問い合わせの流れ)
もりのわ見学会(1回目)または体験見学会(随時)→入園説明会→入園 
となります。


もりのわでは、小さな頃からの経験を積み重ねながら、
幼少期を通して過ごすことを大切にしたいと思っていますので、
体験見学会,入園ともに、
3才以降(4,5才)も在園のご意志のある方が対象となります

また、
ご希望により、体験見学会を月に1回程度行えればと思いますので、
ご希望の方はお問い合わせ下さい。

お問い合わせ(メールアドレスが9/18より、下記に変更になりました)
hayama.morinowa☆gmail.com (☆を@に変えてください)

お問い合わせ要項については、
お問い合わせ のページをご覧ください。





[PR]



# by morinowa | 2018-09-22 00:00 | 活動予定/入園案内*NEW! | Comments(0)

もりのわのわ(展覧会)開催しました


もりのわのわ(展覧会)を
9月15日,18日,19日 三日間、開催しました

2歳から小学生(卒園生)までの絵画展

展覧会も3年目となり
もりのわの雰囲気、空気感は
"こんな感じ"
という、展覧会が力を入れずできるようになってきたように感じます

そっとクレヨンをなでるように描く2歳から
線描き、ぐるぐる
頭足人
森の生きものたち

子どもの描く絵から伝わる成長

ママたちが、絵や写真をみて
かわいい
涙が出そうといっていました

もりのわのわは
子どもたちの成長を
皆で見、感じ、よろこぶ展覧会なのだと思います

もちろん
とても素敵なので
多くの方たちにも見てもらえたなら幸いです

いい時間が持てました

子どもたちの作品をだいじにだいじに持っている
在園、卒園のみなさんに感謝して

e0256851_01143986.jpg
e0256851_01150428.jpg
e0256851_01152854.jpg
e0256851_01170112.jpg
e0256851_01182064.jpg
e0256851_01183973.jpg
e0256851_01185367.jpg
e0256851_01191288.jpg
e0256851_01193029.jpg









[PR]



# by morinowa | 2018-09-19 17:13 | もりのわ日記 | Comments(0)

2012年4月開園シマシタ!   森のようちえん      葉山「もりのわ」      〜神奈川県三浦郡葉山町〜
by morinowa
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

最新のコメント

(主催者:もりのわより)..
by morinowa at 10:58
(主催者:もりのわより)..
by morinowa at 10:57
コメントありがとうござい..
by morinowa at 10:51
 卒園 おめでとうご..
by nene2525v at 09:30
君島様 もりのわで..
by morinowa at 18:55
そうですね。幼虫と成虫の..
by morinowa at 00:17
アカスジキンカメムシを初..
by itotonbosan at 13:32
>じいじ様* コメント..
by morinowa at 18:07
カエデのジイジです。 ..
by love-all-life at 14:07
>kokoさん* メッ..
by もりのわ@ゆきんこ at 18:55

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
http://venus..
from http://venuspo..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

ファン